EDの重度と軽度とは

EDとは英語で「Erectile Dysfunction」の略で、医学の専門用語として利用されていますが、日本語では勃起不全、または勃起障害とも呼ばれます。
男性器の勃起機能の低下を指し、厳密な定義としては「十分な勃起が得られないため、満足な性行為が行えない状態」とされます。
現在の日本人では4人に1人はEDに悩んでいると言われており、その中には軽度や中程度、重度の症状を含んでいます。
軽度な症状は「勃起はするが、満足な性行為には不十分」という状態で、例えば性行為の最中に刺激を受けると勃起はするが十分な硬さが得られない、あるいは十分な硬さがあっても時間が経つと萎えてしまうという状態です。
場合によっては勃起して硬くもなり射精も可能だけれど、硬さが中途半端なものもED予備軍となります。
中程度は「時々勃起するが、性行為で勃起が維持できない」という状態で、いわゆる中折れといった症状がここに当てはまり、その他にも挿入は可能だが、勃起するまでがこれまでより長くなった、性行為では勃起しないが自慰では勃起するといった状態があります。
重度になると「まったく勃起せずに挿入も性行為も不可能」な状態で、陰茎が勃起しないどころか大きさも変わらない、硬くもならないという状況で、糖尿病などの生活習慣病に罹った患者などに起こります。
また、神経に異常が起こると、脳から送られる勃起の命令が届かなくなるため、男性器がまったく反応しなくなります。
交通事故などで神経に断裂などが起こった際になりやすく、同様に血管が傷つくと海綿体に送るべき血液が遅れないようになるので、同じように男性器の反応が悪くなります。
EDは放置しても改善することがないのが特徴で、逆に軽度から重度に進行しても治療によっては改善する可能性があります。
■ED、勃起不全に
カマグラゴールド
■ED治療薬の中では安価なお薬です
タダリスで勃起不全解消
■お住まいの近くにあるED治療が出来る病院を探しましょう
EDのための病院
■ED治療薬にも様々な種類があります、あなたの身体にあったものを選びましょう
バイアグラのジェネリック医薬品