EDを改善させる総合薬にはバイアグラがあります

EDというと精力の減退であったり、勃起不全の症状などを指すことになりますが、現在ではそれらの症状を改善させるためのED治療薬が開発されています。
日本でも認可を受けている、EDを改善させるための総合薬としてはバイアグラが有名ですが、その他にもレビトラやシアリスといったような薬を入手することができます。
ED治療薬を手に入れるためには、専門的な治療を行っている医療機関を受診することで処方してもらえますが、健康保険が適用されない点に注意して購入する必要があります。
バイアグラの有効成分としてはシルデナフィルというものが含まれており、25mgのものと50mgのものが存在しています。
人間は勃起し続けたら日常生活に支障をきたしてしまいますので、体内には勃起を抑制させるための酵素があります。
ただし、この勃起を抑制させるための酵素が優勢の状態のままだと、勃起不全の症状が現れてしまいますので、バイアグラに含まれているシルデナフィルは勃起抑制のための酵素の働きを妨げる効果があります。
そのためにバイアグラを服用した状態で、性的な興奮を脳が感じたときに勃起を促進させることが可能となります。
バイアグラはあくまでも血流を改善することで勃起を促進させる薬となりますので、精力剤や媚薬のようなものではありません。
バイアグラを服用したからといって、性的な興奮を増大させるような効力はないことをしっかりと把握した上で服用するようにしましょう。
バイアグラは服用してから作用が得られる時間は、4時間~5時間ほどとなりますので、性行為の少し前に服用する必要があります。
1日あたりにおける服用は1回までとし、1度服用したときには次回までに24時間以上の間隔を空けることが大切です。